龍と魔法使い

私が初めて小説を読んで感動したのは、龍と魔法使いというシリーズの作品でした。
ファンタジー小説を読んだことがなかったので何となく手に取って読んでいたのですが、主人公と龍の子供との親子なのに兄弟のようなやり取りがほほえましかったですし、それぞれが成長していく過程は辛いことも多かったです。

思わず感情移入してしまうような文章だった事もあって、それぞれの成長していく姿に思わず感動して涙を流してしまった事もありました。